今日は、餃子の街宇都宮ベジフル街道の情報をお伝えします。 農産物直売所やレストラン、温泉・宿泊施設のある 滞在体験型ファームパーク「道の駅ろまんちっく村」では、 毎月食と農業にまつわる様々な体験や講座が行われています。 今日は、今月の体験メニューからおすすめの講座をご紹介します。 最初に、来週の火曜日 2月18日に行われるハーブ教室について ろまんちっく村の若林いづみさんに伺いました。 ハーブ教室はグリーンコーディネーターの神山幸子さんを講師に開催しています。 食べるだけでなく、生活に応用できる、様々なハーブの利用法を学べる 人気の講座なんだそうです。[E:heart04] 今回は生地から作るアップルタルトと、数種類のハーブ(スパイス)を 紅茶と一緒に煮込んでつくるチャイ作りを行なう予定。 若林さんは以前そのチャイを飲んだそうですが、味に深みがあって 感動的な味で香りもよかったとのこと。 神山さんの講座は人気でリピーターが多く、曜日も決まっているので 受講者も顔なじみになっているそうです。 手軽に生活に活用できて人気のハーブですが、直接教えてもらいながら体験すると、 細かい質問もできたり、応用の仕方など幅も広がりそうですよね。 18日の講座に参加希望の方は材料準備の都合上、お早目にご予約下さい。 さて、その他にはどんな講座があるのでしょうか? 毎週日曜日のパン焼き講座も人気です。[E:bread] 2月16日(日)は米粉のパンを生地から作るそうですよ。 米粉のパンはもちもちして食べごたえがあるとか! なお、16日以外の日曜日は天然酵母のパン作り。 薪窯で焼きあげます。 これは親子連れやご宿泊のお客さまが体験することが多いそうです。 寒くて外出も滞りがちの時期ですが、イベント盛り沢山なのでぜひ参加してほしい。 と若林さん。 この他にも、男性やご夫婦での参加も多い、そば打ち体験も大変人気があるそうです。 また、4月末までは毎週水曜日と日曜日にいちごの摘み取り体験もできます。 2月から3月が一番おいしい時期とのことですが、日曜日はすぐに 予約がいっぱいになるそうです。 水曜日は比較的すいてておすすめだそうですよ。 そして、お出かけになったら、あぐりで温泉につかってみてはいかがでしょうか。 お問い合わせ・お申込みは 028-665―8800まで。