2014年02月

2014年2月27日の放送でこの番組もいよいよ最終回となりました!
中村アナウンサーとともに、県内各地におよぶ食の街道を
あっちこっちと訪ね歩き、美味しいものや心和む田園風景に
まさに「ホッと」しながらの取材道中でした。
さて、その最後を飾るのはやはり栃木県といえば…いちごでしょう!

というわけで最終回は、とちぎ渡良瀬いちご・フルーツ街道から
小山市にある観光農園 いちごの里をご紹介します。

イチゴを始め季節のフルーツ狩り、ケーキやジャム作りなどの体験工房、
レストランやカフェなど、様々な楽しみがあるいちごの里は女性たちや
家族連れ、カップルにも大変人気です。

2bef61ba.jpg

イチゴが一番おいしい今の時期におすすめの美味しいものを、
いちごの里の小林さんに教えていただきました。

c93824af.jpg

「いちごのテーマパークを目指しています[E:sign03]」という小林さん。
今はいちご狩りがハイシーズンですが、それだけじゃないんです。
いちごの里ではビュッフェレストラン「いちご一会」、そして
昨年秋にオープンしたカフェ「アンジェ・フレーゼ」では
パンケーキやスィーツ、パスタなどの軽食も楽しめるとあって
大人気!土日にはお客さんがかなり並ぶほどの人気ぶりです。

ed8c29d7.jpg

今回の取材では、そのカフェ「アンジェ・フレーゼ」で人気のパンケーキ
「天使のパンケーキ」を食べてみました〜!

フワッフワのホイップクリームは、空気を含んでふんわ〜りと!
文字通り天使のようなビジュアルだなあ[E:heart01][E:happy01]

d4c4a3e2.jpg

さあ、完成[E:sign03]
おお〜っ!いちごもゴロゴロ乗っています。
こんな完熟いちごをふんだんに使えるのも、観光いちご園だからです。
メープルシロップも添えて…いざ試食!

f3c8662e.jpg

いや〜ん!こんなにボリュームがあるのに
ぺろっと食べられちゃいそう!
ふと見ると、他のお席でも女性が天使のパンケーキを
お一人でむしゃむしゃ。

f4616c3a.jpg

そしてさらにご紹介いただいたのはこの品!
イチゴのパスタ!
ええっ?なんだかオードブルみたい[E:heart04]

0c637e82.jpg

いったいどんな味なのかと、おそるおそる食べてみると…

ん!お〜いしい!!!!!
え〜っ????

冷製パスタとして仕上げたこの品、バルサミコの酸味と
仕上げにかけたイチゴソースがとっても相性がいいんです。

「いちごを使ったメニューは色々と試作してみましたが
 どうも温かいメニューとしてはいちごは合わないですね。」
と話す小林さん。ほんとにいろ〜んな品を試作したそうです。
そんな試行錯誤のかいあって、こんなにおしゃれで美味しい一品が
出来上がりました!
このいちごの冷製パスタ、ビュッフェレストラン「いちご一会」で
召し上がれますよ。
おすすめです。ぜひ食べてみてくださいね!

そして、こちらの品は「いちごのデザートスープ」!

166a9b81.jpg

まるでいちごをがぶ飲みしているよう!と中村アナ。
果実感があふれ出すような味わいです。

カフェではモーニングもやっていて、5月中旬までの土日祝日には
朝食とイチゴ狩りが楽しめるプランもあります。
このプランなら朝にいちご狩りをして、その後佐野アウトレットに…というコースで
家族連れに好評なんだそうです。一日の間に色々楽しめますよね。

さらに、3月末までの土日祝日にはナイトイチゴ狩りとディナーが
セットになったプランもあります。
こちらのディナーはビュフェレストラン「いちご一会」にて。
メイン料理が選べて、石釜で焼いたピザもついています。

ナイトいちご狩りはカップルやお友達同士のご利用が多いそうですが
土日の昼間は混むから…という人には夜がおすすめですよ。

71a50360.jpg

カフェでは、いちごのケーキも盛りだくさん!
いちごの最盛期の今だからこそ、ふんだんに完熟いちごがごっそりと乗った
パフェもか〜なりのおすすめ!

7943935d.jpg

その他、マルシェにはジャムを始め様々な加工品もありますから
お土産にもぜひどうぞ。もちろんカフェにも置いてありますヨ[E:note]

また、体験メニューでは、とちおとめのケーキ作り、
ジャム作りが好評だそうです。(土日のみ※要予約)

さらに、体験メニューには「大人のケーキ教室」なんていうのもあって
少人数制でベテランパティシエがしっかりと教えてくれるとあって
大人気なんですって〜[E:notes]
少人数、いいですね。こちら月ごとにメニューが変わるそうです。
ちょっと本格的なケーキ作りを体験してみたい!という人におすすめします。

01c71b25.jpg

いちごの里ではいちごの他、春〜夏にはブルーベリーやサクランボ、
ぶどうや枝豆、ジャガイモやサツマイモ、などの収穫体験もできます。
じゃがいもや枝豆はオーナー制度をやっているそうですから
ご家族やグループで参加してみるのも楽しそうですよね。

いちごの里
ご予約・お問い合わせ:0285-33-1070
ウェブサイトはこちら
所在地:小山市大字川島408

さあ、これまでご紹介してきました食の街道と田園風景、
皆さんはお出かけになりましたか?

番組でご紹介しきれなかったステキなスポットは
まだまだたくさんあります!

里山の自然に触れる、食べる、体験する…
そんな楽しみが身近にあるのは栃木県ならでは。

休日に家族や友人で出かけて楽しむのもよし、
ちょっと心が疲れたときに1人ふらりとででかけるのもよし、

都会にはない田園風景の魅力を再発見していただけたら
とても嬉しいです[E:happy01]

みなさんもぜひホッとでホッとする田園へ行ってみよ![E:eye]

それでは、最終回放送のブログはこれにて終了で〜す[E:up]

da734d58.jpg
今日は、日光例幣使そば街道から、日光市で3月3日まで開催中の 「鉢石宿のおひなさま」をご紹介します。 JR日光駅から田母沢御用邸、霧降地区、湯元温泉など広い範囲で行われるこの催しでは、 商店や民家で持っている雛人形をそれぞれ展示していて、 江戸時代、二社一寺の門前町としてにぎわった鉢石宿には、 日光ならではの由来が残る雛人形もありました。 af0a35cd.jpg
休憩所とイベント会場になっている日光郷土センターで、 日光鉢石宿のおひなさま実行委員の佐藤喜久子さんにお話を伺いました。 17238cba.jpg
まるで浮世絵からでてきたみたい。品の良いお顔ですね…。 このお雛様のそばの箱には安政4年という箱書きがあります。 この箱はこのお雛様のものではなく、塗物の重箱の箱。 お雛様の所有者は大島屋さんという塗物師だったそうなんです。 ac1bc532.jpg
この鉢石宿は東照宮の造営のために全国から 彫刻師や塗物師などの職人が集まった町です。 この塗重箱は大島屋さんが、この雛人形のために作ったものなので お雛様の年代も安政4年と思われるということなんだそうです。 8e6a07b0.jpg
お話を伺った日光郷土センターにも雛人形やつるし雛、 そして地元の子供達が作った雛人形などがたくさん展示されていました。 3105abae.jpg
c010af50.jpg
ここへ来ますと、実行委員のみなさんやボランティアの方々がいらして、 お茶を出したり、訪れる人たちに声をかけていらっしゃいました。 この町はおばあちゃんが似合うの。と佐藤さん。 おばあちゃんに声をかけ、方言で返してくれたら、それはきっと お金のかからないお土産になりますよと話していらっしゃいます。 さらに佐藤さんは「町の道筋を入れば史跡もたくさんあって、発見もありますよ。」 地元の人との会話を楽しんでもらえば、本当の意味で町と触れあうことになりますね。 雛めぐりをしながら、ぜひ地元の人との触れ合いを楽しんでもらいたいと、 佐藤さんは話しています。 87429c66.jpg
歴史のある門前町ならではのお雛様、展示をされている 土地の方たちとの交流も、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。 「鉢石宿のおひなさま」は3月3日までの期間、 日光市のJR日光駅から田母沢御用邸、霧降地区、湯元温泉のエリアの 各商店や一般の民家、日光郷土センターなどで開催中です。 東武日光駅や日光郷土センターにはマップも置いてありますので、 足を運んでみてくださいね。 詳しいことのお問い合わせは 日光観光協会 0288-22―1525まで。 期間中のイベント等詳細 ①2月11日~3月3日
【お休み処】郷土センター ・お茶の接待(10:00~16:00) ・おひなさま展示(段飾り、つるし雛 etc.) ・おりがみ、絵手紙、押し花絵 展示 ・着せ替えおひなさま(衣装の用意あり) ②2月11日~3月3日
【スタンプラリー】 市内各地
 絵馬にスタンプ4個集めて郷土センターへGO!

今日は、たかはら山麓水街道から、 今月の22日土曜日と23日 日曜日の2日間、高根沢町の元気あっぷむらで行われる 「たかはら山麓水街道フェア」をご紹介します。 たかはら山麓水街道の矢板市、さくら市、塩谷町、高根沢町の 美味しいものが登場するこのイベント、 元気あっぷむらの恒例イベント「うんまいまつり」との同時開催ということで、 かなり盛りだくさんの内容になりそうです。 どんなものが出て来るんでしょうか[E:heart04] 曜日によって出店内容は異なるそうですが まず矢板市からは美シャモの串焼き。氏家町からは氏家うどん、 塩谷町からは里芋フライなどが販売されるとのことです。 この街道沿いの地域は、日本全国に知られる尚仁沢をはじめ水の美味しい地域。 水がおいしい地域はお米をはじめ、どんな食べ物もおいしいですよね。 最近では、こうした水がはぐくんだ農産物を活かした、様々な加工品などが たかはら山麓水街道の地域ブランド商品として誕生しています。 そんなご当地のグルメが一同に集まるといいますから、楽しみですね。 さて、同時開催される元気あっぷむら「うんまいまつり」のほうは、 どんな内容なんでしょうか。[E:shine] 「うんまいまつり」では高根沢町内から4~5団体の出店のほか、 三陸からの海産物も出店するそうです。 ①地元の台新田ふるさとづくり協議会による、やきそば、芋煮、お好み焼き、餅の販売。 ②元気あっぷむらからは、石釜ピザ、三陸産の海産物の炭火焼き、イチゴの試食、甘酒の試飲 ③高根沢商工会の出店 などなど。 水の豊かな高根沢町は「たんたん田んぼの高根沢」という キャッチフレーズで知られる米どころですが、もうひとつのいいところは、 今回出店される地元の皆さんの結束がとても高い、ということなんです。 ですから、こうしたイベントやお祭りも、施設だけでなく 地元の皆さんも一体となって盛り上げるんですよね〜。 元気あっぷむらの温泉はもちろん、そんな「人のあたたかさ」でもあったかくなりそうです。 「たかはら山麓水街道フェア」と「うんまいまつり」は 2月22日(土)、23日(日)午前10時から午後3時までの開催です。 会場:高根沢町の元気あっぷむら お昼頃は大変混み合うそうですから、お早目におでかけくださいね[E:sign03] お問い合わせは 元気あっぷむら 028-676―1126まで。

17f6d7cf.jpg
今日は、いい芳賀いちご・夢街道から、 来月(3月)3日まで益子町で開催中の「益子の雛めぐり」をご紹介します。 ここは益子駅にある観光案内所です! 現在各地で雛めぐりの催しが行われていますが、 ここ益子では伝統的なお雛様のほか、陶芸の街ならではの お雛様が展示されています。 では出発〜! f0121c8e.jpg
益子町の本通りにあるプラチナショップでは、 子供達が作ったユニークなおよそ百体が出迎えてくれました。 土雛を制作した益子町の女性グループ、STU(新町、田町、内町)の みなさん。そのひとり、村田祐子さんにお話を伺いました。 269704d7.jpg
雛の展示は今回初めて。何年か前に子供達が作った土人形に 服を着せてみたそうです。 頭にもなにもついていなかったので、お父さんの黒い靴下を 髪の毛に見立ててかぶせてみたんですって! 66c7432c.jpg
人形の表情は色々。子供達もまさかこの土人形がお雛様になると思って 作ったわけではないので、色々な表情の人形があります。 叫んでる子も寝ている子もいるんですよねー。 b3c99769.jpg
たくさんの人にこのおひな様を見ていたいて、笑って帰ってもらいたい、と村田さん。 クラフトの町、益子ならではの温かいおひな様でした。 村田さんたちがが愛情をこめて着飾った土雛、ぜひ観に行ってみてください。 f4bcf9d3.jpg
さて、陶芸メッセにある旧浜田庄司邸では トラディショナルなおひな様が飾ってあるそうです。 益子町観光協会の東野さんに案内していただきました。 この日は昼頃から雪が降り始めました、、、。 911dcd84.jpg
こちらは地域の人たちが所有するおひな様たち。 子供たちもお嫁に行ってしまい、今ではおうちで飾る機会がなくなった おひな様たちの晴れ舞台ができました。 所有している人たちも、お子さんの子供の頃を思い出して 懐かしそうにしていらっしゃるそうです。 e17d590b.jpg
所変わりまして、陶芸メッセの陶芸美術館では陶雛の展示が行われています。 ややっ!こっ、これは… 2e866f1c.jpg
餃子雛!? d08459aa.jpg
こ〜んなユニークなお雛様も! a6beed68.jpg
道祖神みたいな暖かみのあるものも。 0f2cb94d.jpg
472e881e.jpg
かわいい〜!!![E:heart04] 2983b18b.jpg
陶芸メッセの陶雛展では、様々な作家の作品を一堂に展示していましたが、 町内の陶器店でも展示、販売しています。 陶雛なら普通の雛人形よりも手ごろな価格で購入できますから、 お気に入りを手に入れるのも楽しみの一つですね。 89423c42.jpg
71a85f46.jpg
「益子雛めぐり」は、益子本通りをはじめ、城内坂通り、里山通り、 共販センター、益子参考館、陶芸メッセほか、町内各所を会場に、 お雛様の展示だけでなく陶雛作りのワークショップ、雛ライブ&マルシェなど 様々なイベントが行われます。 また、抽選で益子焼などが当たるスタンプラリーも開催しています。 手掘りのスタンプがかわいらしいのでぜひ、押しに行ってみてくださいね。 お問い合わせは 益子町観光協会 0285-70―1120まで。 ウェブサイトはこちら

d874fd6d.jpg
ここはどこでしょう〜!そして、この人は誰っ? 6b3d6714.jpg
正解は那須の与一公です。 今日は、那珂川鮎街道から、大田原市にある道の駅那須与一の郷で人気の、 農産物や特産品をご紹介します。 那珂川や箒川などの清流に囲まれた大田原市は湧水も多く、 水の豊かな土地として知られています。 水が豊富といえばお米が美味しいことでも定評がありますが、 農産物といえば米や野菜だけじゃありません。 この地域では養鶏業を営む農家も多く、こちらの直売所では 「卵」も大変人気が高いそうです。 道の駅那須与一の郷 よいち産直会 会長の小滝康之さんに、 この卵について聞きました。 94c767c8.jpg
“那須の御養卵”は知名度が高く贈答用にも名が通っているということですが、 よく卵は価格の変動が少ないので物価の優等生なんて言われます。 でも、高級卵は別格。贈答用にも喜ばれます。 そもそも、この地域は那珂川と箒川も近く、 那須連山からの水が地下を通って湧出している湧き水エリア。 水がいいからどの養鶏場の卵も味がいいんだそうです。 人気の商品で卵はすぐに売れてなくなってしまうそうです。 a07d605e.jpg
(おみやげにも喜ばれます!卵!) 小滝さんに、ここで自慢の卵の特徴を訪ねると 割ってみると黄身がもっこりとして色も黄身が強い!との話。 そもそも、小滝さんはここの卵しか食べたことないそうですが[E:happy01] 404e2731.jpg
(写真上:行列のできる卵生産農家、岸農場さんの卵。20個たっぷり入っています!) 卵を一番おいしく頂けるおすすめメニューは??とお聞きすると 「食べるならニラの卵とじや卵焼き!そしてイチ押しは卵かけごはん! 米どころで米も美味しいので、それで食べると最高!ご馳走だと思います!」と小滝さん。 f370d0cf.jpg
つやつやして盛り上がった卵の黄身が目に浮かぶようですが、 卵が新鮮で味がいいと、シンプルにやっぱり卵かけごはんでしょうか。 この地域はニラも特産なのでニラ玉もいいですよね。 美味しい卵作りには水も大切でしょうけれど、この自然豊かな環境で 健康な鶏を育てるために、養鶏業の皆さんは色々な工夫をしているようです。 一番は環境。いい餌を与えたり、清潔で動物にストレスを与えない環境作りに努めているといいます。 「この地域は全国で有名なコメの産地と、ひけをとらない。米は味では変わらないと思う」と小滝さん。 古くから開墾した土地は代々耕すうちに土も肥え、また、 このあたりの大きい川沿いの砂利地はおいしいといわれるそうです。 地形的に見ても新潟の魚沼と似ていて、このような地形は米が美味しいそうなんです。 そんなおいしいご飯に卵かけごはん![E:fuji] う〜ん!たまらない!!!! 127eec46.jpg
そして、これは大田原市名物の長ネギ「白美人」! 長めに切り、あぶって塩をふって食べると、とろーりと甘くてもう最高! また、与一の郷の加工場では、地元産の大豆で作った豆腐、そしてジェラートも人気で、 中には大田原特産の唐辛子味なんていうのもあります。 ミルキーな味のあとにピリッとした辛さがくる、不思議な後味です。 皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。 a949db0e.jpg
18948d4d.jpg
唐辛子関連商品もいろいろありますよ。 550c41ea.jpg
81d6e478.jpg
34bec961.jpg
美声の小滝さん、ありがとうざいました。[E:happy01] お問合せ:道の駅 那須与一の郷 0287-23-8641 ウェブサイトはこちら

↑このページのトップヘ